消費者金融 学生

デートもサークルもキャッシングでエンジョイ!

私が人生で生まれて初めて消費者金融でお金を借りたのが今から10数年前の私が当時大学生だった頃に苦学をしながら東京でアルバイトをして親の仕送りに一切頼らずに生活をしていた時の止むに止まれぬ事情があった場合に、つまり食費や家賃がどうしても工面出来なかった場合に消費者金融の店舗に行って「生活費のお金を貸して下さい」、「家賃を支払うお金を貸して下さい」、「食費のお金を貸して下さい」と言って消費者金融の美人の担当のお姉さんに話しかけ、審査を受けて審査に通ってお金を借りたものでした。

 

 

 

私は当時大学生だった頃に、消費者金融でお金を借りる時は家賃や食費などの生活費の「どうしても止むに止まれぬ事情」があった場合にのみと決めていたのですが、その内に彼女とのデート費用やサークルの活動費用などにも消費者金融でキャッシングをして借りたお金を使って行う様になっていきました。

 

しかしそれで現在は良かった、と感じています。

 

青春の大学生時代にお金を我慢した生活を送るよりもお金を借りてエンジョイした方が記憶に残っているからです。